MENU

女性用媚薬で女性がムラムラする仕組み

エストロゲンとプロゲステロンについて

女性用媚薬を使うと、なぜ女性は濡れてしまうのか?よく効く成分が入っているからでは?と考えがちですが、詳しいことはあまり知られていません。

 

その仕組みについて、掘り起こして解説してみましょう。女性には、強い性欲があります。

 

しかし常に性欲が高いレベルを維持しているかというと、個人差もあり周期的なものでもあるのです。うわ、イケメンがいる!抱かれたいっ!セックスしたいっ!とはならないということです。

 

その女性の性欲を周期で支配しているふたつのホルモンが、医学的研究によって明らかになってきました。ひとつがエストロゲンと呼ばれるもの、もうひとつがプロゲステロンと呼ばれるものです。

 

エストロゲンとは

エストロゲンとは、女性の乳房や子宮を発達させて女性らしい体を作り上げ、その精神状態を安定させるホルモンのこと。

 

エストロゲンの分泌が盛んになると、新陳代謝が活発になって若々しい様相に変わり始めます。

 

生きる活力のようなものをつかさどっているといえるでしょう。

 

プロゲステロンとは

プロゲステロンとは、食欲を膨らませて水分を体に蓄えさせようとするホルモンです。

 

水分が体内に増えると、体のあちこちがむくみ始めますから、女性はちょっとイライラし始めます。

 

いわゆる妊娠時のイライラと似ているといえますね。

 

生理前に分泌が活発になるホルモンとは?

このふたつのホルモンは、生理の前後で活発に分泌されます。エストロゲンは主に生理前。

 

体内で卵子を作っているときに、女性をより魅力的に見せるためのホルモンが必要だからです。

 

そして排卵後は、妊娠に都合のいい体内に変えていくために、プロゲステロンの分泌のほうが活発になります。うまくできている仕組みだと感心しますね。

 

ということは女性が性欲を高める時期は、排卵日直前のエストロゲンが分泌されているときが最も高いといえそうです。

 

女性用媚薬を飲むタイミング

女性を若々しく活発にさせるテストステロンというホルモンも存在しています。

 

これとエストロゲンのふたつのホルモンを分泌に導くような女性用媚薬を使用すれば、女性はムラムラを抑え切れなくなるはずです。

 

飲むタイプの女性用媚薬に、その効果が高いものが多いようですね。

 

女性とセックスをしたいと思ったら、その前に飲むタイプの女性用媚薬を飲んでもらうようにすればいいということになります。

 

ネット上にはたくさんの女性用媚薬が紹介されていますから、よく調べてから利用するようにしてください。