MENU

女性用媚薬の副作用と安全性について

女性用媚薬の副作用と安全性

女性用媚薬の成分を見てみると、どうも副作用が出てしまうようなものが含まれているようですよ。

 

漢方成分ならだいじょうぶ!などと言っている人をよく目にしますが、それは何の根拠もないこと。

 

これなら絶対安全というものは、存在しないのです。副作用は、用法や用量を間違えるだけでも発生しますから、じゅうぶんに注意して用いるようにしてください。

 

副作用の具体例

女性用媚薬には、コーヒーに含まれていることで有名なカフェインが入っていることがあります。

 

目が覚めることで知られているカフェインは、人間の中枢神経を刺激してきますから、大量に摂取していいものではないのです。

 

臓器でいうと、心臓そのものに大きな負担がかかりますから、くれぐれも用法には注意してください。血圧が高くなる副作用が発生しやすく、肝機能に不安のある女性には用いてはいけません。

 

その他知られている副作用を挙げてみましょう。顔の火照りや頭痛・胸の痛み・腹痛・精神的な不安状態・動悸・目まい・悪寒などが症例として分かっています。

 

くれぐれも症状が出ないか、細やかなチェックが必要といえるでしょう。

 

日本製と海外製の副作用に違いはあるの?

日本製の女性用媚薬が全て安全かというと、そうとは言い切れません。

 

危篤状態に陥るような副作用の症例は出ていませんが、今後はどうなるか分からず、安心していい要素などひとつもありません。

 

中国製も含め、海外製造の女性用媚薬は安全性の面でいえば、極めて危険です。特に個人的に輸入したものを女性に使用するなど、もってのほかでしょう。

 

以前の事件で、麻薬成分が配合されている女性用媚薬が輸入されているケースがありました。当然ながら当事者は逮捕されています。それから、海外製の女性用媚薬には危険な成分が含まれているものが多いのです。

 

そのほうが効き目があるから!と、そのまま使おうとする人もいます。女性の同意が得られないときは、女性用媚薬の使用を控えるようにしてください。

 

女性用媚薬とお酒を一緒に飲んでもだいじょうぶ?

街コンや合コンの席で女性用媚薬を使用するときに、アルコールの入った飲み物に入れるケースが出てきます。

 

これって女性の体に影響はないのでしょうか?アルコールの摂取量が増えると、女性は泥酔状態になります。

 

そうなる前に女性用媚薬を入れると、それなりの興奮状態は体感できるようですが、泥酔に至った状態になれば、中枢神経が麻痺しているために媚薬の効果を見ることは不可能です。

 

ですから、効果があるかどうかは分からず、また悪影響が出ているかどうかもチェックできません。そのような女性に媚薬を入れることは、避けるようにしたいものです。